« 誰が相続人となるのか? | トップページ | まずは基本の法定相続② »

まずは基本の法定相続①

 今回は、法定相続についてわかりやすくお話します。この法定の法は民法のことです。相続税法における相続の考え方は少し異なりますので後ほどご説明いたします。まず必ず相続人になる人を覚えましょう。それは配偶者です。そういうことで配偶者に相続順位の考え方は存在しません。配偶者とは婚姻をした夫から見た妻、あるいは妻から見た夫のことです。後で説明しますが、内縁の妻は相続人にはなれません。次に相続順位が発生する人がいます。それは、被相続人(亡くなられた方)の子と父母と兄弟姉妹です。この人達を配偶者つまり配偶相続人に対して血族相続人と言います。この血族相続人に相続順位があります。

 第1順位…被相続人の子(これは養子や非嫡出子でもかまいません。)
 第2順位…被相続人の父母(直系尊属と言います。)
 第3順位…被相続人の兄弟姉妹
 配偶者は必ず相続人になることも注意。

 これらの順位は、もし配偶者と被相続人の子と父母がいれば、子が優先して、父母は相続できないと言う意味です。もし配偶者と被相続人の父母しかいない時は、父母にも相続権が発生すると言うことです。そしてこれらの相続人の相続の割合も異なります。次回はそのことを説明いたします。


相続・遺言作成のことなら
「東京相続遺言相談センター」

|

« 誰が相続人となるのか? | トップページ | まずは基本の法定相続② »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/2717607

この記事へのトラックバック一覧です: まずは基本の法定相続①:

« 誰が相続人となるのか? | トップページ | まずは基本の法定相続② »