« まずは基本の法定相続① | トップページ | 代襲相続について »

まずは基本の法定相続②

 各法定相続人はどのくらい割合で相続できるのでしょうか?と言うのが今回のテーマです。もし配偶者つまり配偶相続人しかいない場合は、全部配偶者が相続します。これは得だなと思うかもしれませんが、相続税法から考えると相続人が多い方が得の場合もあります。つまり、相続とはトータルな面から判断しなければいけないのです。
 では、配偶者以外の血族相続人(被相続人の子・父母・兄弟姉妹)が存在する場合はどうでしょうか。これも相続順位によって違いがあります。基本パターンは以下のようになります。

配偶者+第1順位(子)の場合、配偶者と子は2分の1ずつになります。
配偶者+第2順位(父母)の場合、配偶者が3分の2、父母が3分の1になります。
配偶者+第3順位(兄弟姉妹)の場合、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1になります。

ある程度、配偶者が有利になっています。では、配偶者と子が2人ならどうでしょうか。これは、単純に子の相続分つまり全体の2分の1を子の人数で分ける事になり4分の1ずつとなります。これらの基本を覚えたら次回は例外について説明させていただきます。


相続・遺言作成のことなら
「東京相続遺言相談センター」

|

« まずは基本の法定相続① | トップページ | 代襲相続について »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/2721443

この記事へのトラックバック一覧です: まずは基本の法定相続②:

« まずは基本の法定相続① | トップページ | 代襲相続について »