« まずは基本の法定相続② | トップページ | 遺言の種類 »

代襲相続について

 もし、被相続人の子が既に亡くなっていて孫がいる場合にはどうなるでしょうか?と言うのが今回のテーマです。前回までに配偶相続人に順位の考えはなく、血族相続人において順位があると話しました。被相続人の子が先に亡くなっている場合は、もしその子の子(つまり孫)がいなければ相続権は第2順位に移行します。ただし、孫がいれば子の相続権を引き継ぎます。これを代襲相続と言います。これは直系の卑属であればよく孫もいなければひ孫でもよいのです(再代襲)。そうやってどんどん継続して行きます。
 では被相続人の父母はどうでしょう。実はこれは代襲という考えではないのですが父母の父母(つまり祖父母)と遡ります。直系尊属であればどんどん継続します。まっ現実的には限りがありますよね。考え方は違っても代襲と同じようなものです。
 次に被相続人の兄弟姉妹ですが、これはどうでしょうか。兄弟姉妹だけは代襲相続を1回しか行ないません。つまりおい・めいまでしか代襲されません。これは、家族を持って兄弟が独立してしまえばあまり付き合いもなくなり関係が薄いものに相続権を与えるのは家族の心情を考えると好ましくないだろうということからです。相続の段階になると知らない親族が現れるなんてよくあることのようです。


相続・遺言のことなら
「東京相続遺言相談センター」

|

« まずは基本の法定相続② | トップページ | 遺言の種類 »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/2736904

この記事へのトラックバック一覧です: 代襲相続について:

« まずは基本の法定相続② | トップページ | 遺言の種類 »