« 代襲相続について | トップページ | 遺言の法的効力 »

遺言の種類

 「相続・遺言事例集」ということなので今回は遺言の種類について説明いたします。遺言(ゆいごん・いごん)と言ってもあまりピンとこない人もいらっしゃるかもしれません。一般庶民において遺言にお目にかかる時がまだ少ないからでしょう。遺言と言えば「兄弟仲良く暮らすように」とか「葬儀は簡素に」とかは法的に考える遺言ではあまり意味がありません。遺言には法的効力を持つものともたないものがあります。また、書き方によっては無効になる場合があります。特に自筆証書遺言では、専門家に相談しないと何の意味もない紙切れになってしまうこともあります。例えば自筆証書遺言をワープロで書いて名前だけ署名したものはどうでしょう?これは無効になります。このような例を今後説明していきます。
 では遺言の種類ですが、民法では普通方式と特別方式があります。特別方式はあまりみなさんには関係ないと思いますが、機会があれば後ほど説明いたします。今回は普通方式の3種類を軽く説明いたします。以下の3種類があります。

(1)自筆証書遺言…一番手軽で秘密も守りやすい遺言です。ただし、秘密になりやすいので発見されなかったり、存在が知られてなければ不利になる相続人に見つけられて破棄される恐れもあります。
(2)公正証書遺言…私がお勧めしたいのはこの方法です。これは相続発生時に家庭裁判所の検認の必要がなく、公証人が認めたので無効となる恐れがありません。保管も問題ありません。
(3)秘密証書遺言…遺言の内容は秘密になります。ただ手間は公正証書遺言と同じです。偽造などの恐れは少ないと言えます。

今後はこれらの遺言の作成方法をご説明しようと思います。


相続・遺言作成のことなら
「東京相続遺言相談センター」

|

« 代襲相続について | トップページ | 遺言の法的効力 »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/2766962

この記事へのトラックバック一覧です: 遺言の種類:

« 代襲相続について | トップページ | 遺言の法的効力 »