« 相続相談ファイル01 | トップページ | 公正証書遺言とは »

自筆証書遺言の書き方

 今回は、自筆証書遺言の書き方を説明します。民法ではこの遺言を有効にするための厳しい要件が定められています。
 自筆証書遺言は文字通り自分で全部書いた遺言です。ここには必ず「本文」「日付」「署名・押印」が必要です。
「本文」…民法で定められた事項が有効となります。
「日付」…その日が特定できれば良いのですが、きちんと西暦(元号)など書くほうが良いでしょう。
「署名・押印」…自分でサインして、印鑑をおします。三文判でもかまいません。ただし、拇印に関しては現在係争中なので、印鑑にしておいた方が無難です。
 これら、全部を自分で書かなければいけません。そこには筆跡の確認と遺言者の意思の確認をみる意味があります。ワープロなどで書くことは原則できませんが、一部ワープロなら認められ場合もあります。ただ無効になる場合があるので、やはり自分ですべて書くべきです。当然、鉛筆ではなく万年筆やボールペンを使用します。勝手に訂正されたりしないようにです。なぜこのような争いがおこるかと言うと、やはり法律を知らずに書いてしまうことが多いからだと思います。遺言は人生最後の大仕事です。専門家と相談して有効なものを作成したいものです。
 自筆証書遺言は手軽で内容の秘密も守られやすいですが、手軽な分、紛失したり改ざんされたりすることも多いようです。また、家庭裁判所での検認も必要となります。専門家の目からはあまりお勧めはできませんが、遺言を初めて書く場合や何もないよりは良いかもしれません。くれぐれも正しい様式で後々争いが起こらないようにしてくださいね。


相続・遺言作成のことなら
「東京相続遺言相談センター」

|

« 相続相談ファイル01 | トップページ | 公正証書遺言とは »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/2811582

この記事へのトラックバック一覧です: 自筆証書遺言の書き方:

« 相続相談ファイル01 | トップページ | 公正証書遺言とは »