« 公正証書遺言とは | トップページ | 相続相談ファイル02 »

秘密証書遺言とは

 今回は秘密を守りたい人にピッタリな秘密証書遺言をご紹介します。どうしても秘密にしておきたい遺言内容がある場合や内容は秘密だが遺言があることを明らかにしたい時に秘密証書遺言を作成するとよいと思います。ただ、手間は公正証書遺言と同じで公証人役場に行かなくてはいけません。また証人も2人以上必要です。当事務所に依頼する場合はこちらで証人をご用意いたします。
 作成方法は自分で署名押印してあれば、ワープロ等でもかまいません。また、それが代筆でもかまいません。ではどういう要件があるかと言いますと、公証人と証人の前で遺言と同じ印鑑で封印し自分のものであることを証明し、公証人がそのことを日付とともに記入して証人と一緒に署名押印します。それが代筆であるなら代筆者の氏名住所を述べることも必要です。
 この場合、内容は確認されていないので無効になるケースもあり、やはり家庭裁判所での検認は必要です。また、秘密証書遺言の要件を欠いても無効になります。ただし、全部自筆であれば自筆証書遺言として有効になります。秘密証書遺言も自筆の方が問題ないということですね。

一通り遺言の説明をしたので次回からはまた相続についての事例をご説明いたします。


相続・遺言作成のことなら
「東京相続遺言相談センター」

|

« 公正証書遺言とは | トップページ | 相続相談ファイル02 »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/2849389

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密証書遺言とは:

« 公正証書遺言とは | トップページ | 相続相談ファイル02 »