« 相続相談ファイル02 | トップページ | 養子の子は代襲相続ができるのか? »

夫婦仲良く1つの遺言は可能か?

今回は、自筆証書遺言を2人以上で作成できるかどうかの事例です。

Q「私達は公私共に認める非常に仲の良いおしどり夫婦です。先日は、お互い死ぬ時は一緒などという話もしました。私達も年をとり、子供たちに遺言を残したいと思っています。
 お互いの遺産の処分の考え方は一致しておりますので、遺言を一枚の紙に連署したいのですが問題はないでしょうか?」

A「年を重ねて夫婦の仲もより深くなったのでしょう。熟年離婚と騒がれる中、そのような夫婦は貴重な存在かもしれません。ただし、結論から言うと共同遺言は民法で禁止されているのでできません。遺言の主旨としていつでも好きな時に撤回できることがあります。共同(2人以上)では相手の影響を受けて難しいと考えられます。少し悲しい話ですが、いつあなたの考え方が変わるかもしれません。
  この場合、その遺言は無効となります。まったく意味をなさないということです。ではどうすればいいのか。遺言を別々の紙に書けば問題はありません。それを一緒の封筒などに入れて保存することは全く問題はありません。変な話ですが、夫婦仲良くお墓に入るみたいな考え方をすれば納得するのではないでしょうか。」

 遺言は民法によりいろいろな規制があります。その辺りを理解しないで遺言を作成するのはとても危険です。今後もその辺りを中心に事例でご説明いたします。


相続・遺言作成のことなら
「東京相続遺言相談センター」

|

« 相続相談ファイル02 | トップページ | 養子の子は代襲相続ができるのか? »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/3006792

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦仲良く1つの遺言は可能か?:

« 相続相談ファイル02 | トップページ | 養子の子は代襲相続ができるのか? »