« 養父母は相続できるか? | トップページ | 遺贈とは何か? »

借金も相続するのか?

 今回は、相続の限定承認の事例です。このような時代、被相続人の財産にマイナス財産があるとも限りません。相続はある程度財産の状況を調べてからでも遅くないでしょう。

Q「私の父はそれなりに財産があるようなのですが、借金もまだかかえているようです。このまま父が亡くなった場合、借金も私が相続しなければならないのでしょうか。ちなみに私の母は病気で亡くなっていて子供は私と弟しかいません。弟は今から相続放棄を考えているようです。現段階では借金と財産のどちらが多いかはわかりません。アドバイスをお願いします。」

A「あなたのようなケースにぴったりなのが相続の限定承認です。今回のように遺産と借金のどちらが多いかわからない場合は、遺産の範囲内だけで借金を返済できそれ以上は請求されないこの方法が一番です。確かに借金があきらかに多い場合は相続放棄がベストかもしれませんが、少しでも遺産が残る可能性があればこの方法を取るべきでしょう。この限定承認も相続放棄と同じように3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出ます。その時に財産目録などを作成して裁判所からの鑑定人の評価額で遺産を清算していきます。遺産が残ればもちろんあなたのものになります。」

 このような時代では遺産が必ずプラスとは言い切れません。亡くなった後に借金が出てくることもよくありますので慎重に相続は進めたいものです。やはり、遺言などで生前から遺産の内容をはっきりさせることが残されたものに対する礼儀かもしれません。

|

« 養父母は相続できるか? | トップページ | 遺贈とは何か? »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/3489013

この記事へのトラックバック一覧です: 借金も相続するのか?:

« 養父母は相続できるか? | トップページ | 遺贈とは何か? »