« 遺贈とは何か? | トップページ | 死因贈与は遺言で取り消せるか? »

死因贈与とは何か?

前回は、遺贈のご説明を致しました。相続では、この遺贈の他にも「死因贈与」と言う考え方もあります。
 「死因贈与」は遺贈と違い遺言と言う訳ではなく、契約の1つになります。よって、遺贈のときは、遺言に不備があれば無効となりますが、死因贈与の場合は契約なのでそのフォームは問題とならないため、遺言が無効でも成立します。なぜなら、遺贈は遺言者が単独で行なう行為で、そのことが実施されなくても何ら相手が困ることではないからです。それに対して、死因贈与は相手方がいる契約なので簡単に取り消せなくしているからです。
 具体的には、父親が長男に対して自分の老後の面倒をちゃんと見るならば、父親が亡くなった後に長男に自宅のマンションを特別に他の兄弟を差し置いて与えると言うような内容です。当然、法定相続人でなくても良いので、内縁の妻などに残すことも考えられます。
 また、死因贈与は契約ですが遺贈と同じように相続財産として贈与税ではなく相続税として
扱われます。ただし、法定相続人とそうでない人では課税が違いますので注意も必要です。上記の長男が親の面倒を見てマンションをもらうよな死因贈与を負担付死因贈与と言います。当然、負担がなくてもかまいません。今後は、少子高齢化を考えると、ちゃんと親の面倒を見ないと財産は残さないぞ的な負担付死因贈与が増えるかもしれませんね。

|

« 遺贈とは何か? | トップページ | 死因贈与は遺言で取り消せるか? »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/3780550

この記事へのトラックバック一覧です: 死因贈与とは何か?:

« 遺贈とは何か? | トップページ | 死因贈与は遺言で取り消せるか? »