« 死因贈与とは何か? | トップページ | 相続には税金がかかるの? »

死因贈与は遺言で取り消せるか?

 ここのところ遺贈や死因贈与のご説明をしましたので、死因贈与に関する事例をあげてみたいと思います。

Q「私は3人兄弟の長男です。5年前に父の商売(クリーニング屋)を継ぐことで、自宅マンションを父から譲り受ける死因贈与契約を結びました。このマンションと保険金ぐらいしか父の財産はありません。ところが最近、父が亡くなり遺言が見つかり、マンションを売却して兄弟で等しく金額を分けるようにとありました。私は、父の言う通り、サラリーマンを辞めて家業を継いだのにこのような遺言が許されるのでしょうか?」

A「まず、遺言はいつでも全部または一部が取り消すことができます。遺言が2つ出てきた時は最後の遺言が正式な遺言となります。ただ、負担付死因贈与は遺言ではなく契約ですので、あなたの同意もなく取り消すことはできません。ただし、取り消す場合は特段の事情があればできます。この場合、裁判をしなければ難しいケースが多いようです。今回のケースでは、長男であるあなたが父親との契約通り、家業を継ぐためにサラリーマンを辞めてまでいるのですから、特段の事情があるとも言えないと考えられますのでマンションを取得することは問題ないように思えます。」

 死因贈与の場合、特段の事情をめぐって取り消される判例もありますから、初めから兄弟で意思の疎通をしておくことが大切かもしれません。そして公正証書にして遺すことがトラブルを避ける方法かもしれません。

|

« 死因贈与とは何か? | トップページ | 相続には税金がかかるの? »

「法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/3795000

この記事へのトラックバック一覧です: 死因贈与は遺言で取り消せるか?:

« 死因贈与とは何か? | トップページ | 相続には税金がかかるの? »