« 死因贈与は遺言で取り消せるか? | トップページ | 相続税の計算法(1) »

相続には税金がかかるの?

 今回からしばらく、相続でみなさんが一番興味がある相続税についてご説明したいと思います。
実際には税理士の先生のお世話になることが多いと思いますが、一般的な内容を順を追ってわかりやすく説明いたします。

 相続は民法により定められていますが、相続税は相続税法によって定められています。
ある人が死亡してある人がその財産をもらうということは担税力が生じることになるので税金ををかけます。この財産を国は一種の不労所得として所得税をかけたいのですが、身内の死亡と言う人生でのマイナス要因からでたことなので(つまりその人が死んだことを喜んでいるわけではない)特別の控除などしてから税をとります。

 相続税の申告は被相続人が死亡した日の翌日から10ヶ月以内に死亡した人の住所地を管轄する税務署にしなければなりません。ただ基礎控除以下の場合は申告する必要はありません。
また、相続税が10万円以上あり一時に納めるのが無理な場合は担保を出して5年以内(場合によっては10年)の延納ができます。

次回からは具体的な数字を使ってご説明していきます。

|

« 死因贈与は遺言で取り消せるか? | トップページ | 相続税の計算法(1) »

「行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/4221546

この記事へのトラックバック一覧です: 相続には税金がかかるの?:

» 分筆による効果 [もさっと(´・ω・`)な!一日]
上図路線価から甲地(500㎡)の相続税評価額を求めると(側方路線影響加算率0.08%とする) [280+(190×0.08)]×500=147600千円 次に、下図の様に分筆した場合(相続時には乙地と丙地は別々の人間に相続させる) 乙地(400㎡)の評価額 190×400=76000千円 丙地(100㎡)の評価額 [280+(190×0.08)]×100=2�... [続きを読む]

受信: 2005.05.22 11:02

« 死因贈与は遺言で取り消せるか? | トップページ | 相続税の計算法(1) »