« 相続放棄の具体的方法 | トップページ | 特定の子供だけに相続ができるか? »

相続放棄と生命保険金

前回、相続放棄の具体的事例を説明いたしました。今回も相続放棄に関連した内容をご説明いたします。

 一般的に、借金などの返済を免れるために相続放棄をします。その場合、生命保険金も放棄しなければいけないのかと悩まれる方も多くいます。

 結論から申し上げますと、生命保険金は本来の相続財産ではありません。以前も説明した通り、みなし相続財産なわけです。つまり、相続税法上の扱いなのですから、民法上の相続にはあたりません。そのため、生命保険金を受け取ったからと単純承認して相続放棄が崩れるわけではないので安心して下さい。

 ただ、注意すべきなのは、保険金の受取人が被相続人「亡くなられた方」にどういうわけかなっている場合は、相続財産になってしまうので、その場合、受け取ってしまうと単純承認で相続放棄ができなくなります。ですから、きちんと受取人を決めておくことが大切なのです。

 もちろん、これらの生命保険金には相続税はかかかります。ただし一人頭500万円の控除はつきます。

 次回からは、この生命保険金に焦点をあててご説明したいと思います。やり方によっては節税対策にもなるものです。

|

« 相続放棄の具体的方法 | トップページ | 特定の子供だけに相続ができるか? »

「行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/4984064

この記事へのトラックバック一覧です: 相続放棄と生命保険金:

« 相続放棄の具体的方法 | トップページ | 特定の子供だけに相続ができるか? »