« 配偶者の税額軽減 | トップページ | 相続放棄と生命保険金 »

相続放棄の具体的方法

 最近、相続に関するご相談の中で「相続放棄」に関する案件が増えています。相続放棄は相続により親などの借金を無くす良い方法だと思います。子供などに迷惑を掛けたくないのであれば、日頃から財産リストを作成しておくのも手です。問題なのは、財産の内容がわからず借金まで単純承認してしまったり、また借金があるかどうかわからない前に相続財産の一部に手をつけてしまうことです。相続は発生した時から慎重に専門家にトータルでご相談されることが大切です。

 では具体的な相続放棄の方法を東京家庭裁判所を例にご説明いたしましょう。相続放棄は被相続人の死亡時の住所を管轄する家庭裁判所で相続があることを知った日から3ヶ月以内に行ないます。ですから親が離婚をしたりしていて離れて暮らしていると大変です。

1、まず役所などで必要な書類を揃えます。
(1)申述人(相続放棄をする人)の戸籍謄本
(2)被相続人の除籍(戸籍)謄本…これは少し複雑な話なので省略します。特に被相続人が離婚をしたりしている場合注意が必要です。
(3)被相続人の住民票の除票

2、家庭裁判所で必要なものを提出します。
(1)前記1の証明書類
(2)相続放棄の申述書
(3)印紙代及び郵送料

3、これらの書類に不備がなければ後日「相続放棄申述受理証明書」が送ってきます。この証明書を相続債権者に見せれば借金の返済は必要なくなります。この時代多いに活用したい制度ですね。
詳しくは行政書士など専門家にご相談ください。

|

« 配偶者の税額軽減 | トップページ | 相続放棄と生命保険金 »

「行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/4799568

この記事へのトラックバック一覧です: 相続放棄の具体的方法:

« 配偶者の税額軽減 | トップページ | 相続放棄と生命保険金 »