« 離婚問題Q&A 第3回 | トップページ | 離婚問題Q&A 第5回 »

離婚問題Q&A 第4回

1度だけの浮気でも離婚理由となるか?

Q:「恥ずかしながら、この歳でふらふらと誘惑に負けて、1度だけ妻以外の異性と性的な関係を持ってしまいました。もちろん愛人を作って妻と離婚しようという考えはないのですが、すぐに妻にばれてしまい離婚を迫られています。一度だけの関係なのに離婚しないといけないのでしょうか?」


A:「不貞行為は厳密に言えば1回でも異性との性的な関係が成立すれば、立派な裁判上の離婚理由になります。ただ、そこまで厳しくみると相手がしっかり反省していて夫婦関係の修復の可能性もあるのに離婚を助長するとこになりかねません。人間はある意味弱い動物ですから、そこを夫婦の力で乗り越えることも大切かもしれません。仮に裁判になると、あなたの十分に反省してることが認められれば、離婚理由とならないと言えます。とは言え、きちんと貞操を守ってきた妻であるほど、あなたの行為が許せず、その後の夫婦関係がぎくしゃくする場合は、『婚姻を継続し難い重大な事由』となる場合もありますので注意が必要です。当然のごとく、1回きりの関係を別々の異性と繰り返すのは、はっきりとした離婚理由になります。」


行政書士からの一言アドバイス

 1度きりの浮気がなかなか修復に向かわないのは、それ以外にも理由がある場合も多く、その点も考えみられると良いですね。例えば配偶者の親族の関係などもありますね。


離婚問題でお悩みなら
離婚フルサポートの「中野行政法務事務所」

|

« 離婚問題Q&A 第3回 | トップページ | 離婚問題Q&A 第5回 »

「離婚相談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59659/41478832

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚問題Q&A 第4回:

« 離婚問題Q&A 第3回 | トップページ | 離婚問題Q&A 第5回 »