« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

離婚届を勝手に出したら

「離婚届を勝手に出したら」

 離婚届を相手の配偶者の同意なく勝手に印鑑を押して提出したら犯罪です。
犯罪と言う事はわかっているはずなのですが、提出する人もいると言うことは
以前から知っていました。とは言え身近な人などでそう言う人は今までいませんでした。
ところが最近、自分が関わった案件でそのことがあり正直驚きました。

 本当にそう言う事をされる人がいるのだと。
離婚届を勝手に提出すると刑法犯となります。
「有印私文書偽造罪」と「偽造私文書行使罪」と「公正証書原本不実記載罪」と
3つも犯罪を重ねる訳です。

 これらは懲役5年以下の重たい罪も含みます。
勝手に離婚届を出せば懲役になる危険性もある訳です。
公訴時効は5年もあります。

 そこまでリスクを犯してまでも離婚したいと言うことなのかもしれません。

 当然、相手からの反発があれば離婚そのものは無効となります。
とは言え、そう簡単には行かず、離婚を取り消すには家庭裁判所に調停を申し立てて
無効を相手に認めさせないといけません。
相手が認めなければ裁判です。

 よくあるのが、すでに離婚するに至っていた関係なのだから
それが早くなっただけで問題ないじゃないかと言う対応もあります。

 しかし、仮に離婚秒読みだったとしても、離婚条件で受け入れられなかったら
勝手であっても離婚すれば話し合いには応じなくなる可能性はあります。

 そうならないためにも、離婚の話題が出てもめそうな時は
市役所等に離婚届の不受理の届をしておくべきなんですね。
当事務所では、離婚の問題でもめそうな場合には、ご相談者にそれをお勧めしています。

 離婚問題は、やはり複雑な内容が絡むので精神的な負担も大きくなりますから
専門家と二人三脚で進めるのが良いと思いますね。

=明るい再出発を応援する離婚問題の専門家=
離婚フルサポートの中野行政法務事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »